ラジコン XRAY T4 2017 サーキット走行 グリップ走行

続・YOKOMO CUPに向けての練習とギア比の研究!!またまたなおじゅんさんを発見!!

投稿日:

 

こんにちは、たるです(´・ω・`)
突然ですがラジコンはとっても奥の深い
遊びですね( ´∀` )(笑)

むしろ遊びというものは全て
突き詰めようとすると
奥の深いものばかりです(`・ω・´)

私は他にもトレーディングカードゲーム
などを趣味としてやっていますが
それもまたとっても奥が深いです(`・ω・´)

流行りのカードを調べたり
どんなタイプのデッキがどの地域では
使われているかなど情報も重要です(`・ω・´)

ラジコンも情報は大事ですしね( ̄▽ ̄)
あ、あとお金がかかることも
共通してますね(´・ω・`)(笑)

 

さて、YOKOMO CUP in CHAMP OSAKAに
向けてLTCボディに慣れることと
ハイグリップタイヤに慣れること
そしてギア比の研究のために
またまたMSTサーキット様に走り込みに
行ってまいりました(`・ω・´)

到着するとすでに
Kスギさんとチェリーさんが
準備をされていましたので
私も走行準備を開始するのですが
その前に世界ラジコン名車博物館館長の
チェリーさんがまた珍しいシャーシを
見せてくれました( *´艸`)

erixというシャーシらしいのですが
いったい何処の国のシャーシなのでしょうか?

無骨なアルマイトのアルミパーツはさながら
鎧武者のようです(`・ω・´)
鎧武者というよりはナイト?(/・ω・)/

この車は比較的私が使用していたシャーシ
達と構造が似ているのでセッティングできそう
ですが思わぬびっくり構造がありそうです( ´∀` )(笑)




で、今回私が用意したシャーシは
XRAY T4 2017のLTCボディ&
ハイグリップタイヤ仕様!!

クリスマスに開催される
YOKOMO CUP in CHAMP OSAKAの
レギュレーションに合わせた仕様です(`・ω・´)

ボディやタイヤに慣れることも
重要ですが常に何か研究しておかないと
そわそわするのでとりあえず
ギア比について研究もしていました(/・ω・)/

モーターに合わせてギア比を決めるためには
膨大な時間とデータ収集が必要不可欠!
ピニオンギアを交換しながら
タイムとにらめっこです( ̄▽ ̄)

ともあれ儀式みたいになっている
いつもの走行前メンテ!
ダンパーのメンテ
アッパーデッキの締め直し
全てのビスの締め直し
リバウンドの確認
セッティングゲージでアライメントチェック

いざコースイン!!

今回ご一緒させていただいたのは
Kスギさん(BD7 2016シングルベルト)
チェリーさん(XRAY T4 2018)

1パック目から快調に走ってくれる私の
XRAY T4 2017ですが後半になると
凄く前勝ちの車になってしまっています(´・ω・`)

走行開始から4分ほどでフロントタイヤが
熱ダレしているようです(´・ω・`)
タイヤがあたたかい・・・( ´∀` )(笑)

あと、今回は新品タイヤではなく
中古タイヤだったのも原因かもしれません
フロントタイヤに負担がかかりすぎて
いるのかも(´・ω・`)

LTCボディではなくいつもの使用している
タミヤボディではこのような現象は
発生しなかったのでLTCボディの
フロントがギュンギュン曲っていく
特性が一番負担になっているっぽいです(´・ω・`)

そんな感じで色々研究しながら走っていると・・・

チームヨコモのなおじゅんさんが
来店されていました(/・ω・)/
ご挨拶させていると

快く記念撮影をしてくれました( *´艸`)
お持ちの盾はどうやら海外のタイで
行われたレースの盾で
流石と言わざるを得ないです( ̄▽ ̄)

なおじゅんさんとレースで走れたことは
とっても良い経験になり今の私の
モチベーションアップにもつながっています
いつかなおじゅんさんと大きなレースでも
走れるようになりたいですね( *´艸`)

で!!

その日は早めにタイヤが裂けてしまって
走れなくなったので残りの時間は
メンテナンスしたり
チェリーさんに車の組み方を
教わったりしていました(/・ω・)/

一応べストラップは

9.2秒台と普段と変わらないです( ̄▽ ̄)
私は現在YOKOMOタイヤをテスト中ですが
RUSHタイヤも解禁されるので
在庫があればそのタイヤも
テストする予定です(`・ω・´)

ここまで読んでいただきありがとうございましたm(__)m

-ラジコン, XRAY T4 2017, サーキット走行, グリップ走行

Copyright© たるのホビー日記 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.