ラジコン XRAY XRAY T4 2017 サーキット走行 グリップ走行

ボディを変えて走り込み!セッティングは間に合うのか!?

投稿日:

こんにちは、たるです(´・ω・`)
最近ラジコンではパワーソースと
ボディに悩んでいます(´・ω・`)

今回の走り込みでは普段使っていなかった
ボディで走り込みつつそのボディに
合わせたセッティングを探ってきました(/・ω・)/



 

前回はフェラーリ458チャレンジを
使用していていましたが今回は
最初からザナヴィGT-R35を
チョイス!!動きを確認しました(/・ω・)/

ともあれいつもの走行前メンテ(`・ω・´)
アッパーデッキの締め直し
全てのビスの締め直し
リバウンドの確認
セッティングゲージでアライメントチェック!
タイヤの剥がれを確認して
いざコースイン!!

今回ご一緒させていただいたのは
マッハさん(XRAY T4 2018 )
チェリーさん(TRF419XR)
私(XRAY T4 2017)

あまり違和感なく走りだした私の
XRAY T4 2017!!(`・ω・´)
BRZの時よりもちょっと
曲がるようにセッティングしていたので
それがちょうどよかったのかもしれませぬ( *´艸`)

しかしタイムは中々でない(´・ω・`)
その中でもマッハさんが本当にマッハさん!
めっちゃ速くてついていけない
ブロック出来ない( ´∀` )(笑)

特に外周の高速ゾーンでは追いつかれるか
引き離されるか( ´∀` )(笑)

なんでじゃろ?(´・ω・`)
モーターとかアンプ一緒なのに(´・ω・`)

うごごごごご(´・ω・`)
あ、モーターは途中でR1から
TRIONのV2にチェンジしました(/・ω・)/
ギア比も変えてみて走りやすくなったのですが
タイム更新はならずでした(´・ω・`)

しかし!

とある世界チャンピオンから
走行時の甘いところを教えていただき
それを克服する練習方法も
教えていただきました(`・ω・´)
すぐにできるものではありませんが
レースまでまだ時間はあるので
無理せずその練習方法を
こなしていこうと思います(`・ω・´)

ちなみにその日のべストラップは

9.340秒(´・ω・`)
マッハさん9.00秒台まで
入れているのでその差0.3秒以上!
これは何か対策をしないと
レースで惨敗してしまいます(´;ω;`)

とにかく練習あるのみです!
セッティングもまだまだ詰めることが
できると思うので実験と検証を
続けようと思います(`・ω・´)

あ、でも公園ラジコン用の
ラリーカーの準備がしたいなぁ(´・ω・`)
時間が足りない!!




ここまで読んでいただきありがとうございましたm(__)m
次回もよろしくお願いしますm(__)m

-ラジコン, XRAY, XRAY T4 2017, サーキット走行, グリップ走行

Copyright© たるのホビー日記 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.