ラジコン タミヤ TB.EVO6MS サーキット走行 グリップ走行

急いでTB.EVO6MSをさっそくシェイクダウンしました(`・ω・´)

投稿日:

こんにちは、たるです(´・ω・`)
前回急いで組み立てたTB.EVO6MSを
さっそくシェイクダウンしました(/・ω・)/

じつは組み立てながらTB.EVO6や
他のタミヤシャーシで培っていた
セッティングをしていたので
あとはアライメントチェックを
するだけにしておいたのです(`・ω・´)

しかし時間がない( ´∀` )(笑)

急いで走行前準備をします(`・ω・´)
ダンパーは付けたばかりなので
そのままでOK!!

リバウンドの確認を、と思った瞬間

たるに電撃走る!!!

なんとダンパーステーを間違えて
つけていたのでダンパー長が
足りず、リバウンドが取れない( ´∀` )(笑)

急いでダンパーステーを交換し
リバウンドを調節して

アライメントチェック!!!

フロントトー角0度
リアトー角2.5度

フロントキャンバー1.5度
リアキャンバーを2.0度

私はほぼこの設定値で
走り出してその日によって
アライメントは変えていっています(/・ω・)/

 




タイヤを装着しいざコースイン!!
しかしこの時時間は
PM11:55( ´∀` )(笑)

残り五分で一回だけ走行しました(`・ω・´)

3周くらい流しながら走り
ダンパーやギアデフを馴染ませながら
挙動を確認して・・・

ちょっと握ってタイムを狙ってみました(`・ω・´)

9.4秒台でした(´・ω・`)
感想はやはりシャフトシャーシの
立ち上がり速度はすさまじく
インフィールドでの軽快さは
利点と言えると思います(`・ω・´)

しかしアンプの設定と
ギア比の選別をする時間が
なかったのでインフィールド
ではオーバーパワーになり
ストレートではトップスピードが
伸び悩んでしまっていたので
次回走行時には
そのあたりを改善しようと思います(`・ω・´)

ピニオンギアを大きくしてトップスピードを
上げつつアンプの出力を下げてインフィールド
をマイルドにする作戦をたてました(*’▽’)

シャーシがアルミ製なのでシャーシロールでの
グリップ確保が難しいので今回の
走行では若干アンダーだったのですが
まったくハイサイドしていなかったので
これはこれで私的には良いと思いました(/・ω・)/
シャーシロールを稼ぐのが難しいとなると
足回りでロール量を増やしグリップを
稼がないといけないのでそのあたりも
研究が必要です(>_<)

TB.EVO6MSとTB.EVO7のツーショット!!

両方アルミシャーシですが特性が
違いシャーシの性格が出ていて
その違いが面白く感じます(*’▽’)

シャーシの特性を活かしたセッティングが
出来るようになるために
日々の練習と実験、検証を続けようと
思いました(`・ω・´)

 

 




ここまで読んでいただきありがとうございましたm(__)m

-ラジコン, タミヤ, TB.EVO6MS, サーキット走行, グリップ走行

Copyright© たるのホビー日記 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.