ラジコン XRAY T4 2018 サーキット走行 ドリフト走行

ハイサイドがおさまったので車を曲がるようにセッティング!

投稿日:

こんにちは、たるです(´・ω・`)
またラーメン食べました( *´艸`)

プレッシャーに弱いので練習を
沢山するのですが余計にプレッシャー
に弱くなっているような気がします(´・ω・`)

やはり色々なレースに出て場慣れする
ようにするしかないのでしょうか?(´・ω・`)

先日やっとハイサイドがおさまった
私のXRAY T4 2018を今度は
曲がるようにセッティングしてきました(/・ω・)/

一度考えられるすべてのことをして
ハイサイドしなくなったので
今度は逆に少しずつ曲がるように
セッティングしていきます(`・ω・´)

まずはいつものメンテの前に
各部ジョイント部分のメンテを
しました(”ω”)ノ

リアドッグボーンを取り出して洗浄!!
ベアリングにはAXONのベアリングオイルを
注油しドッグボーンはイモネジを締めなおして
潤滑油スプレーを(/・ω・)/

フロントダブルカルダンも取り出して
洗浄しベアリングと一緒にメンテしました(`・ω・´)




後はいつもの走行前メンテ!
アッパーデッキの締め直し
ダンパーのメンテ
全てのビスの締め直し
リバウンドの確認
セッティングゲージでアライメントチェック!

今回このアライメントチェックの時に
フロントキャンバー角度を
増やしてみました(/・ω・)/
早速こけるかもしれませんが
まずはここから(`・ω・´)

準備完了いざコースイン!!

ボディは引き続きフェラーリ458チャレンジです!
もう少し曲がるボディを使いたいのですが
来年のレースに向けてどのようなボディでも
セッティングが合わせられるように
引き出しを増やすための修行です(`・ω・´)

1パック目はキャンバーを増やした効果が
出ているのか少し曲がるようになりました( *´艸`)
そしてハイサイドもしていないので
さらに曲げていくようにします(`・ω・´)

ロールセンターを触るのは最後にして
まずはシャーシのロール量を増やして
いきます(`・ω・´)
簡単に言うとシャーシを柔らかくするのです(/・ω・)/
私の場合ビスの材質の種類を変更することや
モーターマウントのビスの数を
増やしたり減らしたりすることで
コントロールしています(`・ω・´)

で!!まずはここ!!

アッパーデッキを止めているビスを
純正のものからアルミに変更!!
これで走ってみます(`・ω・´)

またちょっと曲がるようになってきました!
ハイサイドもしていません(`・ω・´)
もっとフロントをグリップさせるべく
アルミビスの部分を増やしていきます(`・ω・´)

次にバルクを止めているビスを
アルミに変更!!
これもまた効果は出て尚且つ
ハイサイドもしていない様子!!

ダンパーステーを止めているビスも
アルミに変更しシャーシ上側のビスは
全てアルミにしましたが
曲がるようになりながらも
ハイサイドはしませんでした(`・ω・´)

ハイサイドの原因はどうやら
インナーの要素が大きかったのかなぁ?

ここからはシャーシ裏のビスの材質変更
をしてテストしようとした矢先に
タイヤがバーストしたので今日の
練習はここまでにしておきました(´・ω・`)

次回走行時にどこまで曲がるように
セッティングできるのか実験しようと
思います(/・ω・)/

 

ここまで読んでいただきありがとうございましたm(__)m

-ラジコン, XRAY T4 2018, サーキット走行, ドリフト走行

Copyright© たるのホビー日記 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.